1989年、1990年、日本青年館主催「花婿学校」の講師をつとめ、フェミニズムの抜本を鋭く説くその分析力と明快な論理、さわやかな人柄で人気を得、評判になる。 故・斎藤茂男さん(「花婿学校」副校長)らの推薦もあり、1990年「笑っていいとも」に出演。 視聴者の大反響のため、1回きりの出演のはずが、週1回のレギュラーに。 “嫌われもの”のフェミニズムを初めてマスコミにのせた功績は大きい。 その後、人気番組「たけしのTVタックル」「たかじんのそこまで言って委員会」などにレギュラー出演。 BBC、 CNBC, New York Timesなど海外のメディアにも女性学の立場から多数出演。

歌手活動

2008年からシャンソニエ「蟻ん子」などで毎月ライブ出演。 2012年10月3日、「ひいふうみいよう」で徳間ジャパンからメジャーデビュー。

CD

  • 2007年 CD「アミ/アヒルのいいぶん」(オリエントレコード)を発売
  • 2011年7月  ミニアルバム「揺蕩い(たゆたい)」(全9曲)発売
  • 2012年10月3日、シングルCD「ひいふうみいよう」(徳間ジャパン)発売

ライブ・コンサート

  • 2006~2010年(年に1回、通算5回) 
  • 軽井沢大賀ホール「田嶋陽子の歌とトークサロン」(ワンマンショー)
  • シャンソニエ蟻ん子(東京四谷)に、2007年12月から毎月1~2回出演(現在も)。
  • 上野池之端QUI 2010年1月から不定期で出演(単独もあり)
  • 2009年10~12月(毎月1回)原宿ルセーヌ館にて ぽけかる倶楽部主催 
  • 「田嶋陽子の歌とトークサロン&フランスランチコース」(単独)2010年4月5月、10月、11月、も開催
  • 2009年~2011年 東京・三越劇場 は~とふる・はんど公演 ゲスト出演手話うたとお芝居。ゲスト出演
  • 2008年11月30日 朝日酒造(長岡市)主催  エントランスイベント(単独)
  • 2008年10月17日 銀座シグナスライブ(複数で)
  • 2008年9月3日 ドリームコンサート(大勢と)in 内幸町ホール
  • 2008年6月1日 る仏蘭ライブ(複数で)
  • 2008年1月31日 赤坂・草月会館「ヌーベルシャンテ」(大勢と)
  • 2010年12月19日キンケロシアター 共演=芦野宏、ペギー葉山、うつみ宮土理
  • 2011年6月5日 大阪ロイヤルホース ワンマンショー
  • 2011年6月26日中央区シャンソンフェスティバル (銀座ブロッサム中央会館) 共演=菅原洋一、しますえよしお、朝吹タツヤなど
  • 2011年7月29日 渋谷さくらホールで「古稀リサイタル」開催
  • 2012年1月22日(日)16:30~ ビルボードライブ大阪
  • 「2012新春シャンソンショー 紅白歌合戦」 7000円 (ドリンク別途) 紅組応援団長 田嶋陽子、KOMA・acco他。 白組応援団長 川島弘、今里哲・あんこ他

主なテレビ出演

  • よみうりテレビ「たかじんのそこまで言って委員会」(2003年8月~)
  • テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」(1991年1月~)
  • フジテレビ「笑っていいとも"花婿アカデミー"」(1990年7月19日~9月27日)
  • NHK教育テレビ「英語会話Ⅱ」英語講師(1985年~1988年)
  • NHK「課外授業ようこそ先輩」(1998年6月4日放送、1999年4月にビデオ化、単行本化)

著書

  • 『愛という名の支配』(講談社α文庫,2005年)
  • 『女は愛でバカになる』(集英社be文庫, 2004年)
  • 『もう男だけに政治はまかせられない』(オークラ出版,2003年)
  • 『だから、女は「男」をあてにしない』 (講談社,2001年)
  • 『それでも恋がしたいあなたへ-私の体験的恋愛論』(徳間文庫,1999年)
  • 『ヒロインはなぜ殺されるのか』(講談社α文庫,1997年)
  • 『田嶋陽子が人生の先達と考える女の大老境』(マガジンハウス,1997年)
  • 『だからなんなのさ! -史上最強の田嶋語録』 (TV朝日,1995年)
  • 『もう、「女」はやってられない』(講談社,1993年)

その他

  • 日本女性学会代表幹事(1988年6月~1990年6月)

舞台・映画・ドラマ

  • 1995年 ドラマティック・リーディング(民芸グループの舞台)「千鳥ヶ淵へ行きましたか」(~2004年)
  • 1995年 NHKドラマ新銀河「魚河岸のプリンセス」(全20回)
  • 1996年 伊丹プロ「スーパーの女」(伊丹十三監督作品)
  • 2000年 松竹映画 「メトレス」

その他

  • 1999年 新世紀への提言「書」展(篆書)
  • 2006年~ 田嶋陽子の歌とトークサロン in 軽井沢
  • 2006年 創作着物展(「墨あかり~櫻と陽子の縞もよう~」

CM

  • 1993年 三洋電機(株)「アルカリ生活」、東京都「STOP AIDS」
  • 1994年 カタログ販売ニッセン(株)(~1996年)、カネボウホームプロダクツ販売(株)「ツヤコート」
  • 1996年 YKKap(株)、ネスレ日本(株)「ネスレ ニド」(~1997年)
  • 1999年 ヴァージン・アトランティック航空
  • 2001年 マイクロソフト「officeXP」

海外メディア

テレビ

CNBCテレビ、BBCテレビ、AP通信、イギリス・グラナダテレビ

新聞・雑誌

The New York Times、The Christian Science Monitor、The Economist International Herald Tribune、The Independent、Business Week、ASIAWEEK

略歴


1941年 岡山県に生まれ、静岡県で育つ
1969年 津田塾大学大学院博士課程修了
1970年 母校津田塾大学などで講師をつとめた後、奨学金を得てイギリスに留学
1972年 法政大学専任講師、助教授を経て、76年から2001年まで第一教養部教授(専門は英文学・女性学)
1979〜81年 留学(訪問研究員)LONDON大学BIRKBECK COLLEGE
2001年 参議院議員
2003年 神奈川県知事選立候補により自動失職
2006年 歌手として活動を始める
2011年 「アートショップ遊」に入会 CACA現代アート書作家協会会員
2015年3月 個展「田嶋陽子 書アート展 こもれる日々」(表参道ギャラリーコンセプト21)
7月 個展「田嶋陽子 書アート展 こもれる日々」(大阪カンテグランデ中津本店)
9月 麗人社展「光の気配」「思惟」出品
2016年4月 新美展「光の気配」「思惟」「春愁」出品 「思惟」芸術サロン賞
6月 個展「田嶋陽子 書アート展 こもれる日々」(笠間日動美術館)
8月 ZEN展「女」「出してくれ」出品 2作優秀賞
11月 個展「田嶋陽子 書アートの世界 こもれる日々」(小津ギャラリー)
2017年6月 個展「田嶋陽子 書アートの世界 こもれる日々 今を生きる女たち」(表参道ギャラリーコンセプト21)
2018年6月 新美展「女」出品 優秀賞
6月 個展「田嶋陽子 書アートの世界 こもれる日々 雨と花にさそわれて」(表参道ギャラリーコンセプト21) 
2019年5月 新美展「娑婆」出品 内閣総理大臣賞
6月 個展「田嶋陽子 書アートの世界 こもれる日々 反戦」(表参道ギャラリーコンセプト21)