田嶋陽子ポートレート

田嶋陽子Tajima Yoko

元法政大学教授。元参議院議員。英文学、女性学研究者。女性学の第一人者として、またオピニオンリーダーとしてマスコミでも活躍。津田塾大学大学院博士課程修了。2度のイギリス留学。定年を過ぎてから歌と「書アート」を始める。毎月東京・四ツ谷のシャンソンライブハウス「蟻ん子」に出演、年1回日本橋三越劇場でソロコンサートを行う。書アートでは、第50回記念新美展で作品『娑婆』が内閣総理大臣賞を受賞、各地のデパートや画廊で個展を開催している。著書は『愛という名の支配』『ヒロインはなぜ殺されるのか』『我が人生歌曲』など多数。現在、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に月2回、準レギュラーで出演。

書アート

講演会・ライブ

蟻ん子シャンソンライブ

2020年6月1日(月)現在、新型コロナウイルスの影響で、2020年のコンサートは中止になりました。
再開時期が決まりましたら、改めてお知らせいたします。

著書・CD

新聞・雑誌掲載

『冬の蕾』の解説

『冬の蕾』-ベアテ・シロタと女性の権利 

岩波現代文庫(岩波書店)

忘れられぬ人たち やしきたかじん

「人間は、ひとしく寂しがり屋なんだ」

『週刊現代』 2020年10月17日号(講談社)

『賢人論。』

老人ホーム検索サイト「みんなの介護」のインタビュー記事

2020年8月3・6・10日  Web記事『賢人論。』